世界初! 乗客を乗せた「自動運転タクシー」が都内公道で営業実証実験開始

自動運転タクシーの実証実験を8月下旬に行うとしていたタクシー大手の「日の丸交通」と自動運転技術を開発する「ZMP」が8月27日(月)、都内で予定どおり実証実験を開始しました。

千代田区大手町と港区の六本木ヒルズ間の約5.3kmを1日に4往復するもので、トヨタ自動車のミニバン「エスティマ」をベースにZMPの自動運転システムやセンサーを搭載。車線変更や右左折、発進・停車などの操作を自動でこなします。

新聞報道によると、自動運転タクシーが乗客を乗せて公道を営業走行するのは世界初の試みで、東京都が実用化の促進を目的に両社に1,000万円を補助。公募で当選した乗客が片道料金1,500円で乗車したそうです。

緊急時や交通状況によっては人が代わりに操作するため、運転席と助手席に係員が乗車。乗客によれば車線変更なども自然で、普通のタクシーと勘違いするほど運転がスムーズだったそうです。

専用のスマートフォンアプリで到着したタクシーのドアを開け、乗車後の料金支払いは事前登録したクレジットカードで行う仕組み。実証実験は9月8日(土)まで続けられる予定で、両社は東京五輪が開催される2020年の実用化を目指しています。

今後も自動運転車を使ったタクシーやバスの実証実験は全国各地で実施される見込みで、本年11月には多摩ニュータウン、来春には大津市でも予定。

こうした動きの背景には慢性的なタクシードライバー不足があるようで、日本政府も自動運転を成長戦略の柱に据え、普及に向けた数値目標を設定、事故時の責任所在などを巡る法整備を進める考えのようです。

Avanti Yasunori・画像:ZMP)

【関連記事】

世界の自動車会社に「自動運転技術」を提供へ。トヨタ系4社が新会社を設立
https://clicccar.com/2018/08/27/622284/

米・フォードが完全自動運転車開発に本腰! デトロイトに新会社を設立
https://clicccar.com/2018/07/26/612205/

自動運転レベル3の実現に向け「高速道路本線への合流」を官民共同で開発へ
https://clicccar.com/2018/06/19/600671/

トヨタが自動運転用ソフトウエア開発に本腰。「即戦力」エンジニアを採用へ
https://clicccar.com/2018/06/14/599395/

日産自動車、自動運転技術「プロパイロット」搭載車を4年後に100万台/年販売へ
https://clicccar.com/2018/06/08/597534/

【関連リンク】

ZMP
https://www.zmp.co.jp/products/robocar_top