EVブームのなか、トヨタがFCV(燃料電池車)の開発を拡充する訳とは?

自動車各社がEV開発に力を入れるなか、トヨタ自動車がFCV(燃料電池車)の開発を積極化させています。

FCVのモデル数を増やし「MIRAI」との部品共有化を推進。課題となっている車両価格を引き下げる考えのようで、ロイター報道によると同社は2020年代前半までに2代目「MIRAI」のほか、2025年にはSUVタイプのFCVを、さらに2026年以降は中型セダンや商用車にまでFCVを本格展開する計画のようです。

2代目「MIRAI」では、FCシステムのコストを半減、大幅な車両価格引き下げを実現すべく、本格的な量産化に加え、システムを小型化、ハイパワー化を進める模様。

トヨタ以外でFCVを生産するのはホンダやヒュンダイ等の一部に留まっているのが実情ですが、トヨタがFCV開発にこだわるのは、燃料となる水素が地球上に無限に存在しており、EVのようにバッテリー材料(コバルト等)の枯渇の心配が無いことや、より多くのエネルギーを蓄えることができるため。

残る課題は4億円強とされる水素ステーションの建設費用で、現状は本年4月末時点で国内100箇所程度に留まっています。

そこでFCVユーザーを個人レベルからバスやトラック、国や地方自治体等の公共レベルにまで広げることで、普及を早める動きが出て来ているそうです。

いずれにしても地球環境保護の観点から、クルマの電動化は避けて通れないため、EV化と平行して、FCVについても早期普及に向けた課題解決が望まれます。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

経済産業省がFCV(燃料電池車)普及に向けて「セルフ式」水素ステーションを解禁へ
https://clicccar.com/2018/06/22/601852/

経産省が「究極のエコカー」FCV普及を後押し、水素ステーション拡充に弾み
https://clicccar.com/2018/06/20/601191/

トヨタ自動車がセブンイレブンと共同で「水素」の利活用拡大を強力推進へ
https://clicccar.com/2018/06/18/600393/

FCV(燃料電池車)年間3万台の販売を目指すトヨタ、生産設備を大幅増強へ
https://clicccar.com/2018/05/25/593035/

トヨタ、米・カリフォルニア州でのFCV販売台数が3,000台を突破。水素供給体制強化へ
https://clicccar.com/2018/01/26/553826/