ブリヂストンがZMPと組んで「レベル4」の無人自動運転をする狙いとは?

ブリヂストンは、ZMPと車両を使ったタイヤ性能試験のひとつであるタイヤ騒音試験を無人自動運転化するため開発プロジェクトを開始したことを発表しました。

自動運転・ADAS開発用プラットフォームで知られるZMP社は、お台場の公道で自動運転の様子を公開したり、2018年8月末からは東京都心部で世界初の自動運転タクシーを用いた営業実証実験を行うこと発表しています。

同プロジェクトは、ブリヂストンのタイヤ性能試験の知見を取り入れた自動運転システムの開発をZMP社に委託。現在、同社のプルービンググラウンド(テストコース)内において有人自動運転走行を達成していて、2019年にはSAE「レベル4」の無人自動運転走行によるタイヤ騒音試験の実用化を目指すとしています。

ブリヂストンでは、現在、プルービンググラウンドにおいて、テストドライバーが運転する車両を用いた様々なタイヤ性能試験を実施しています。

 

今回のプロジェクトでは、ZMP社の自動運転車両「RoboCar MiniVan」をベースに、ブリヂストンのタイヤ性能試験の知見を取り入れて、プルービンググラウンド内の移動、タイヤ騒音試験に必要な走行を自動化するための技術開発を同社に委託しているそうです。

その狙いは、ヨーロッパやアジア、日本など世界各国・地域においてタイヤの騒音規制が導入されるなど、タイヤの環境性能のひとつとしてクルマが走行する際のタイヤ騒音の低減が求められているという現状に対応するもの。

同プロジェクトは、人のスキルやノウハウに依存しない自動運転車両を用いたタイヤ騒音試験を導入することで、性能評価の精度向上・効率化が可能になり、タイヤのさらなる品質向上にもつながるそう。

また、将来的には本プロジェクトで得られる知見を自動運転車両を含めた次世代車両向けのタイヤ開発にも活かしていきたいとしています。

(塚田勝弘)