トヨタ、「つながるクルマ」を世界中で通信できるKDDI「eSIM」で実現へ

2020年までに、日米で販売するほぼ全ての車両に通信機能を搭載すると表明しているトヨタ自動車。

同社はKDDIと通信規格「4G」を使ったコネクテッドカーの開発で提携しており、日本国内では既にレクサスや一部の車種に通信機能を搭載しています。

そうしたなか、日経新聞によると、KDDIは2019年からトヨタに、クルマがどの国にいても現地の通信会社の通信網に自動接続可能な「eSIM」と呼ばれるSIMカードの供給を予定しているそうです。

これにより、国境をまたいでもクルマの位置情報や走行距離、故障データを把握できるようになり、トヨタでは品質管理の向上などに繋がる模様。

トヨタが日米で販売する全車(約400万台/年)に、この通信機能を搭載すれば、クルマの位置情報から個人業者による輸出の状況なども把握し易くなり、リコール等の際に活かせるとともに、車の横滑りを防ぐABSの作動状況、走行距離ごとの故障データ等も収集できるようになるそうです。

その他にも、どれ程の走行距離で、どのような故障が発生し易いかなどの情報を集約、品質向上に繋げることが可能に。

KDDIではこうしたメリットを踏まえ、グローバル通信サービスの強みを活かし、トヨタ以外の自動車メーカーにも「eSIM」の採用を提案していくようです。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

トヨタがNTTなどIT企業と共同で「コネクテッドカー」開発へ!
https://clicccar.com/2017/04/30/468376/

新型プリウスPHVで始まるクルマの「つながる化」。トヨタのConnected戦略とは?
https://clicccar.com/2016/11/13/415460/

トヨタ、KDDIと共同で日米の全車両をネット常時接続化!
https://clicccar.com/2016/06/07/376715/

トヨタがコネクテッド・カーの「つながる」技術に注力!
https://clicccar.com/2016/01/18/347772/

『トヨタ自動車』の最新記事

トヨタ自動車がハイブリッド(燃料電池含む)技術の特許実施権の無償提供、技術サポートを発表
トヨタとソフトバンクが新会社を設立。2020年代半ばをめどにEVの自動運転車を使った移動モビリティサービスを開始
トヨタがスマホホルダーを本気で開発中!? 本日オープンのTOYOTA MOBILITY SHOWROOMへ行ってきました
豊田章男トヨタ社長兼自工会会長が言う「自動運転と道交法の矛盾」を解説
新型クラウン&カローラに採用の「コネクテッド」。では「コネクテッド」とは?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事