トヨタ自動車が「愛i RIDE」似のコンパクトEVを2020年に公開、市販化か?

トヨタ自動車が国内向けコンパクトEVを東京五輪(2020年)で公開。その後の市販を目指しているそうです。

新聞報道によると、東京モーターショー2017で公開した2人乗りのEVコンセプトモデル「愛i RIDE」に近いイメージになるようで、「自由な移動」をコンセプトに開発を進めており、近距離移動のニーズが多い都市部や、過疎化が進む地方などを中心に普及させる計画とか。

高齢者や障害者でも扱いやすいように、ステアリング操作以外は自動、カメラやセンサーの技術で運転を支援するそうです。

一方、EVの生産コストの半分近くをバッテリーが占めていることから、車載用以外の用途を確保することで量産費用の抑制を狙う模様。

具体的には、コンパクトEV向けに独自に開発中のリチウムイオンバッテリーに関する情報を積極的に公開することで自動車以外の蓄電池としても幅広く普及させ、量産効果によるコスト削減を図るとともに、電力会社との連携により、蓄電設備等での使用済みバッテリー再利用の仕組みづくりを計画しているそうです。

また2020年代前半には、航続距離が大幅に延びる次世代バッテリー「全固体電池」の実用化を目指しており、全世界で10車種以上のEVを投入する予定になっているようです。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

トヨタ自動車が中国市場へのEV投入を2020年から「年内」に前倒しする理由
https://clicccar.com/2018/05/06/586991/

トヨタがEV用に開発中の高出力「全固体電池」、日産・ホンダも追従か?
https://clicccar.com/2017/12/28/543862/

トヨタ自動車が開発中のEVはリチウム比で出力3倍の「全固体電池」を搭載!?
https://clicccar.com/2017/11/22/533951/

電動化に積極的なトヨタが「乗って楽しいEV」の実現を約束!
https://clicccar.com/2017/10/25/524338/

トヨタ初のEV専用車は「全固体電池」の採用で競合他社をリードか
https://clicccar.com/2017/08/03/498119/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事