アウディが新たな企業戦略を発表。2025年に80万台のEV/PHVを販売へ

アウディが5月の株主総会において、「Audi.Vorsprung.2025」と名付けられた最新の企業戦略を提示。その中で2025年に約80万台のEV/PHVを販売する目標を発表しました。

同年までにラインナップ全てに電動モデルを設定する考えで、その財源確保に向け、新たな収入源の開拓、コスト改善、新ビジネスモデルの構築などで企業変革を加速させるそうです。

アウディAGのルパート・シュタートラー会長は、同社のスローガンである「技術による先進」によりモビリティに革命を起こし、eモビリティのリーディングカンパニーを目指すとしており、2025年までに20以上の電動化モデルを次々に投入すべく、VWとの共同開発により、開発のスピードアップと開発コスト抑制を狙う模様。

2019年にEV「e-tron Sportback」を発売、続く2020年にはプレミアムコンパクトセグメントにEVを投入、Audi Sportからは「e-tron vision GT」が登場。さらに2021年には昨年のフランクフルトショーで公開、レベル5の自動運転を実現したコンセプトカー「Audi Aicon」ベースのEVを発表するそうです。

アウディでは、これら施策により2020年に利益が最大化され、2022年までに100億ユーロの利益を生み出すとしており、今後の電動化に向けた巨額投資に備える考えのようです。

Avanti Yasunori・画像:Audi)

【関連記事】

アウディが「e-tron ビジョン GT」を製作、世界各地のサーキットでデモ走行を披露
https://clicccar.com/2018/04/15/579220/

アウディ、ポルシェベースのEVスポーツ「E-Tron GT」発売へ。最高出力は600馬力
https://clicccar.com/2018/01/18/547860/

【関連リンク】

Audi AG
https://www.audi.com/corporate/en/company.html

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事