日産リーフの中古バッテリー+ソーラーパネルを福島県浪江町で外灯として再利用

3月22日、福島県浪江町で日産リーフの使用済みバッテリーを外灯に使うという発表をした日産自動車。さらに、外灯だけでなく、日産リーフの使用済みバッテリーを再製品化し、有償交換プログラムとしてサービスの提供を開始すると発表しています。

この外灯は、日産自動車と住友商事の合弁会社であるフォーアールエナジー社(以下、4R)によるもので、EV(リーフ)の使用済みリチウムイオンバッテリーの再利用および再製品化に特化した日本初の工場を福島県双葉郡浪江町に開所したことで実現するもの。

リーフのバッテリーを使った外灯は、ソーラーパネルの発電と日産リーフの中古バッテリーを組み合わせることで、電線やコンセントを必要としない完全オフグリッドで点灯するそうです。

そして浪江町は、これを、外灯を必要とする町内各所に設置するプロジェクト、「THE REBORN LIGHT」を実施。「THE REBORN LIGHT」は、震災からの復興を進める浪江の町に灯りをもたらし、町民の方々の生活を支援する狙いもあるそう。

浪江町と日産、4Rはこの「THE REBORN LIGHT」プロジェクトを発端に、今後の浪江町のさらなる活性化と新たな産業の誕生を期待するとしています。「THE REBORN LIGHT」は、3月26日、福島県浪江町に開所する4Rのバッテリー再生工場において、まず試作機を試験点灯し、その後2018年度に、順次設置していく予定としています。

(塚田勝弘)

『日産リーフ』の最新記事

【週刊クルマのミライ】新型リーフのパワーアップにはインバーターの冷却強化が効いている
自分で駐車場所を見つけてくれる! カメラとソナーで可能になった日産リーフのすごいところ
【日産オールラインアップ雪上試乗】EVは寒さに弱い!? けど、新型リーフは雪と氷に強いと断言できるワケは?
累計30万台、販売台数世界一のEV「日産リーフ」がもっとも売れた地域は日本じゃなかった!
世界で最も実績のある電気自動車電気自動車は「日産・リーフ」。累計販売30万台を突破

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事