累計30万台、販売台数世界一のEV「日産リーフ」がもっとも売れた地域は日本じゃなかった!

世界中の自動車メーカーが「EVシフト」をトレンドとして掲げています。その中で、日本の自動車メーカーは積極的に声を上げていないようにも感じるかもしれません。しかし、とっくにEVシフトしているから、あえてアピールする必要がないという見方もできます。

なにしろ、世界で最も販売実績のある電気自動車電気自動車は2010年にデビューした「日産・リーフ」で世界累計販売は30万台を突破しているのです。

これだけ大量生産されている電気自動車で、しかも市販することで多くのフィードバックを得、さらにフルモデルチェンジまで経験しているのは日産だけといっても過言ではありません。

しかも、リーフは日本でだけ作られているドメスティック系商品ではないのです。日本の追浜工場(神奈川県)以外に、アメリカのスマーナ工場、イギリスのサンダーランド工場でも生産されているのです。

まさに、生産・販売の両面ですでにグローバル展開済みというわけです。

なお、グローバルでの販売比率については、もっとも売れているのは北米市場。けっして日本だけで数を稼いでいるということでもありません。各市場での販売比率は次のようになっています。

北米:約40%
日本:約30%
欧州:約30%
その他: 約1%
(※2017年7月までの実績、合計が101になっているのはいずれも”約”のため)

さらにリーフで培った電動化技術は「e-POWER」というシリーズハイブリッドとして展開されていますし、日産の知見が生み出したワンペダルドライビングは新しいエクスペリエンスとして高く評価されています。

すでに「EVシフト」している日産は、同社の上級ブランドであるインフィニティも電動化を進めると発表、2021年にはインフィニティブランドから100%電気自動車をリリースします。普及帯の電気自動車「リーフ」での経験を踏まえ、どのようなEVを生み出すのでしょうか。

【関連記事】

世界で最も実績のある電気自動車電気自動車は「日産・リーフ」。累計販売30万台を突破
https://clicccar.com/2018/01/11/547653/

『日産リーフ』の最新記事

日産リーフの中古バッテリー+ソーラーパネルを福島県浪江町で外灯として再利用
【週刊クルマのミライ】新型リーフのパワーアップにはインバーターの冷却強化が効いている
自分で駐車場所を見つけてくれる! カメラとソナーで可能になった日産リーフのすごいところ
【日産オールラインアップ雪上試乗】EVは寒さに弱い!? けど、新型リーフは雪と氷に強いと断言できるワケは?
世界で最も実績のある電気自動車電気自動車は「日産・リーフ」。累計販売30万台を突破

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事